おびたま雑記帳

新しく始めたいカメラ、本の感想、らくがき。

まちなかカメラ〜LEICAを持ち歩く〜

今日はカメラの話。

写真の練習のためにしばらくはOLYMPUS OM-D E-M5 markⅡのみで行こうと決意していたんだけれど、街中で本格的なカメラを構えるのになかなか慣れず、いつも人通りのない場所でこそこそ写真を撮っているので、これではな…と思って新たなカメラを投入することにした。

それがこれ。LEICA D-LUX type109。

f:id:Obitama:20200219153309j:image

E-M5と一緒に譲り受けてたんだけど、なかなか使う気になれなかった理由は素人でも知ってるLEICAのお名前。こんなの私なんかが構えてもいいんだろうというドキドキ。

調べてみると、この型は中身はほとんどPanasonicLUMIXで、値段もコンデジにしてはとても高いのだけどLEICAにしてはとっつきやすい部類のよう。それでもこの見た目は素敵。レンズも結構明るくて広角からズームまでしっかりできる。マニュアルでもピント合わせが可能。

構図を決めてしっかり撮るときはE-M5、ちょっと立ち寄ったカフェとか人が多いとこで写真を撮るときはD-LUXで使い分けようかなと思っている。街中にお出かけするときにリュックはファッション的に合わない時もあるので、ハンドバッグに入る大きさが良い。

旅行用でもひとり旅の時は自分のペースで歩けるので大きめのカメラでも楽しめるけど、同行者がいる時は多分こっちにするかなぁ。カメラを撮らない人を写真撮るために待たせるのは意外とお互いストレスになるのでサクサク撮っちゃいたい!ちなみに私がまだカメラを持つ前に、カメラ大好きな人といった山登りは、カメラスポットの前で待ち続けちょっとうんざりした経験がある。

追加アクセサリは特になし。譲り受けた時から純正の革カバーをつけてくださっていて、非常にありがたい。傷つけたくないもんね。LEICAのロゴのレンズキャップとLUMIX用のレンズキャップと選択できたんだけど、手軽さをとって開閉式にした。ストラップを純正の黒い普通のやつから少しおしゃれなのに替えたいなぁと思っている。

パナソニック 自動開閉キャップ DMW-LFAC1-S

パナソニック 自動開閉キャップ DMW-LFAC1-S

  • 発売日: 2014/11/13
  • メディア: Camera
 

E-M5と比べると防塵防滴は無いのであまり埃っぽいところには持っていけないし丁寧な扱いが必要。手ぶれ補正も少し弱いみたい。センサーサイズはフォーサーズでおんなじ。

とりあえず試しに何枚か撮影してみる。A以外の使い方がちょっとわからないのとF値いじるときにズームリングも回って少しイライラする。カスタマイズと慣れが必要かも。こっちの方は気軽にブログとかTwitterにあげるために、RAW現像せずに撮って出し(最近覚えた)にしようと思う。そのままでも雰囲気あって写り方は結構好きかも。私の固定スキルだと結構手ブレする。

f:id:Obitama:20200219152356j:image

f:id:Obitama:20200219152442j:image

f:id:Obitama:20200219152523j:image

f:id:Obitama:20200219152530j:image

これ持ってカフェ行こう。

余談だけどLUMIXって世代的に浜崎あゆみのイメージが強くて当時あのギャル感に乗り切れなかった私には少しとっつきににくい。私はCanon(コンデジ)だったけどちょっとおしゃれそうな子がLUMIX持ってるイメージ。カメラに詳しい方はCMの芸能人なんて…と思うかもしれないけど、とりあえずカメラが欲しい知識のない人たちにはイメージキャラクターって結構大事だなぁと思う。

最近あんまりコンデジのCM見なくなりましたね。スマホの影響が一番大きかったのかも。