おびたま雑記帳

新しく始めたいカメラ、本の感想、らくがき。

飛行機からの風景

飛行機から空の景色を撮影しました。仙台から福岡までのフライトは日本海側にでるようです。猪苗代湖から佐渡島能登半島を通って隠岐、下関へと抜けていきます。天気が良くなかったため上空からの景色はあまり見えません。日本海側の席だったため、海ばかりでしたが反対側の席を取っていたら北アルプスや富士山が見えたそう。今度からは見える景色も考えて席を取ろうと決めました。

撮影はLEICA D-LUX type109

f:id:Obitama:20200309143838j:plain雲の下はおそらく能登半島。雲の厚みと空の青さが綺麗です。

f:id:Obitama:20200309143826j:plain海と空の間があいまいになる霞んだ日暮れ間近。ぽつんと浮かぶ孤島が印象的。

f:id:Obitama:20200309143815j:plain岡上空。海の中道から志賀島に続く砂州が印象的。志賀島は全国でも珍しい陸繋島。祖母の家のあるこの辺りが今日の目的地。外海(玄界灘)と内海(博多湾)で全く様相が違う。

福岡へ降り立ったころから花粉症が激化し苦しんでいます。サクランボのなる桜は満開でしたがソメイヨシノは福岡でもまだのよう。

まちなかカメラ〜LEICAを持ち歩く〜

今日はカメラの話。

写真の練習のためにしばらくはOLYMPUS OM-D E-M5 markⅡのみで行こうと決意していたんだけれど、街中で本格的なカメラを構えるのになかなか慣れず、いつも人通りのない場所でこそこそ写真を撮っているので、これではな…と思って新たなカメラを投入することにした。

それがこれ。LEICA D-LUX type109。

f:id:Obitama:20200219153309j:image

E-M5と一緒に譲り受けてたんだけど、なかなか使う気になれなかった理由は素人でも知ってるLEICAのお名前。こんなの私なんかが構えてもいいんだろうというドキドキ。

調べてみると、この型は中身はほとんどPanasonicLUMIXで、値段もコンデジにしてはとても高いのだけどLEICAにしてはとっつきやすい部類のよう。それでもこの見た目は素敵。レンズも結構明るくて広角からズームまでしっかりできる。マニュアルでもピント合わせが可能。

構図を決めてしっかり撮るときはE-M5、ちょっと立ち寄ったカフェとか人が多いとこで写真を撮るときはD-LUXで使い分けようかなと思っている。街中にお出かけするときにリュックはファッション的に合わない時もあるので、ハンドバッグに入る大きさが良い。

旅行用でもひとり旅の時は自分のペースで歩けるので大きめのカメラでも楽しめるけど、同行者がいる時は多分こっちにするかなぁ。カメラを撮らない人を写真撮るために待たせるのは意外とお互いストレスになるのでサクサク撮っちゃいたい!ちなみに私がまだカメラを持つ前に、カメラ大好きな人といった山登りは、カメラスポットの前で待ち続けちょっとうんざりした経験がある。

追加アクセサリは特になし。譲り受けた時から純正の革カバーをつけてくださっていて、非常にありがたい。傷つけたくないもんね。LEICAのロゴのレンズキャップとLUMIX用のレンズキャップと選択できたんだけど、手軽さをとって開閉式にした。ストラップを純正の黒い普通のやつから少しおしゃれなのに替えたいなぁと思っている。

パナソニック 自動開閉キャップ DMW-LFAC1-S

パナソニック 自動開閉キャップ DMW-LFAC1-S

  • 発売日: 2014/11/13
  • メディア: Camera
 

E-M5と比べると防塵防滴は無いのであまり埃っぽいところには持っていけないし丁寧な扱いが必要。手ぶれ補正も少し弱いみたい。センサーサイズはフォーサーズでおんなじ。

とりあえず試しに何枚か撮影してみる。A以外の使い方がちょっとわからないのとF値いじるときにズームリングも回って少しイライラする。カスタマイズと慣れが必要かも。こっちの方は気軽にブログとかTwitterにあげるために、RAW現像せずに撮って出し(最近覚えた)にしようと思う。そのままでも雰囲気あって写り方は結構好きかも。私の固定スキルだと結構手ブレする。

f:id:Obitama:20200219152356j:image

f:id:Obitama:20200219152442j:image

f:id:Obitama:20200219152523j:image

f:id:Obitama:20200219152530j:image

これ持ってカフェ行こう。

余談だけどLUMIXって世代的に浜崎あゆみのイメージが強くて当時あのギャル感に乗り切れなかった私には少しとっつきににくい。私はCanon(コンデジ)だったけどちょっとおしゃれそうな子がLUMIX持ってるイメージ。カメラに詳しい方はCMの芸能人なんて…と思うかもしれないけど、とりあえずカメラが欲しい知識のない人たちにはイメージキャラクターって結構大事だなぁと思う。

最近あんまりコンデジのCM見なくなりましたね。スマホの影響が一番大きかったのかも。

夢のスマートホーム①~ルンバが活躍する部屋~

たまには写真以外にも雑談を。

うちには同居人のAlexaとルンバがいます(あとペットのヤモリ)。周りにスマートホーム化の便利さをいくら語ってもあんまり真面目に取り合ってくれないのでブログに書いてみることにします。まずは自分の生活に欠かせないものになったルンバからまとめます。

ルンバ購入のきっかけ

社会人初めての冬のボーナスでルンバを購入しました。軽いアレルギーを持っているのでできるだけ毎日掃除機をかけたいんだけど、社会人の一人暮らしだと帰るのは夜、マンションでは夜中に掃除機をかけるのは気が引ける…と悩んでいました。すぐにお掃除ロボットの購入を検討しました。f:id:Obitama:20200216223901j:image

…といってもお掃除ロボットにはいっぱい種類があって、レビューを参考にして外せない点を絞って購入機種を決めました。外せない点は以下の通り。

・時刻予約機能がある。

・手入れが面倒ではない。

最新の機種はスケジュール機能がついているものがほとんどですが、当時(5年前)は安い機種だと機能がついていないものも多かったです。朝の8時前に掃除機をかけるのもそれはそれで迷惑かも…と予約機能がついているものにしました。また、ブラシの種類もいろいろで、ルンバ以外やルンバの下位機種だと吸込口がブラシタイプで髪の毛が絡まったら非常に始末が悪いです。よって購入するのは予算も鑑みてルンバの当時上から2番目くらいの機種でした。未だに現役ですが流石に電池がヘタってきました。

部屋づくり

ルンバ含めたお掃除ロボットの必要性についてよく言われるのが、以下の3つ。

  • それくらい自分で掃除したほうが楽
  • 自分で掃除したほうが綺麗
  • 部屋を片付けないと役に立たない

1つ目については自分で掃除する時間に耐えられる人だと思うので偉いなと思います。掃除機のかけられる時間に家にいられる方や一軒家の方なら自分でするのもいいのかも。

2つ目については1つ目と同様で人によるかもしれません。少なくともルンバはかなり吸引力が強くて絨毯の髪の毛はうちのポンコツ掃除機よりもよく吸いとります。ルンバがない時期は掃除機とコロコロを併用していました。部屋の隅に関しては少々弱いかもしれません。たまにハンディモップで隅っこのゴミをちらしています。休みなく毎日掃除してくれるので、自分で掃除機を偶にかけるよりも自分比で部屋はきれいになりました。

3つ目についてはすごくわかります。床にコードがあれば吸い込むし、洗濯物を床に置いとけばそこでルンバが息絶えています。ルンバのための部屋づくりが必要です。でも床散らかしている人はそもそも元々掃除機もかけないだろうし別にルンバが悪いわけではないんじゃないでしょうか。

環境の改善が必要な3つ目の部屋づくりについて私がやったことは結構大掛かりで、大きい家に住んでいる人は多分難しいので単身マンション向けです。

  1. 段差のない部屋を借りる。
  2. 家具を脚付きに買い換える。
  3. コードの取り回しを考える。

1つ目はいきなり重いけれど一番重要で、大きな段差があると当然ルンバは他の部屋に行けません。新しい部屋だとバリアフリーが増えているのでルンバにも優しいです。脱衣所の髪の毛はすごく気になるのでルンバが掃除して欲しいところです。

2つ目はなかなかの出費になるためほぼ1年がかりになりました。まずこたつは捨てます。毎日こたつ布団を上げていく手間を惜しまないのならばいいけれど、そのひと手間はとても面倒。床での生活は腰にも良くないのでこれを期にやめました。クローゼット類は選択肢がだいぶ狭まってきます。おしゃれな脚付き家具はあるのだけれど、ルンバが通るにはだいたい10cmくらい高さが必要なので思ったよりも見つかりません。ベッドも脚付きマットレスにしました。ベッドの下は特にホコリが溜まりやすいので、毎日掃除してあると気持ちがいいです。ベッド下は収納にはしないので、単身マンションだと収納が限られてきます。大規模な断捨離も同時に行いました。

3つ目はそこまで難しいことはやっていません。延長コードを駆使して壁際にコードを設置しました。意外とそれだけでルンバの邪魔にはなりませんでした。f:id:Obitama:20200216223905j:plain

ルンバの勤務体系

こんな感じで万全の環境でルンバを迎え入れました。ここまで書いてわかったけど、あんまり人に勧められないかもしれません。スケジュールの設定は月~金まで13:00からスタート。土日はお休みにしました。ホワイト会社…。

土日お休みにしたのは、私も休みで家にいることが多く、ルンバの稼働中はかなりうるさいので、同じ部屋にはいられないため。一日中部屋にいる人には向いていません。掃除時間も日によりまちまちだけど1時間程度で結構長いです。ルンバの監視をしていると自分でやったら10分くらいなのを長々としているのでイライラするかもしれません。

感動したこと

ルンバを動かして最初のうちはルンバがドックに帰っているか毎日ドキドキしながら帰宅していました。掃除の出来は最高で毎日そこらへんに落ちている自分の髪の毛がないのはQOLが上がります。朝食べて床に落ちたパンくずも部屋の端っこの綿埃も視界から消えます。タンクを開けるといっぱい吸い込んだゴミがあってそれをゴミ袋に捨てるだけ。

そして気づいたらルンバが同居していて家事をしてくれる相棒のように感じてきます。だんだん可愛くなってきて、どこかで引っかかってドッグに帰ってこないルンバもまた愛おしい。ここまできたらルンバのために床にものを置かないように自分も協力的になることにストレスを感じなくなってきます。そうなると部屋がいつも片付いている状態がキープされていきます。f:id:Obitama:20200216223910j:plain

ルンバが失敗したこと

ルンバのことを褒めちぎっているけれど、悪いところも絞り出して書いておきます。私の設置が適当なだけあってコード類の事故がほとんどです。まず、もうひとりの同居人の爬虫類のヒーターのコンセントを電源タップから引き抜いてしまいました。真冬とか出張中とかだとかなり怖いです。ネットのケーブルを昼間に引き抜いて、家のスマートホーム機能が全部ダウンさせてしまったことも2度ほど。エアコンや照明の管理をスマートリモコンに任せていて、家に帰る時間に合わせて付くようにしていたので少しさみしい思いをしました。

あとルンバ自体の掃除もたまにはしないといけないので少し面倒です。ゴムのブラシでも髪の毛は巻き付くのではさみをもって巻き付いた髪の毛を解きます。小さいブラシ部分もドライバーで一回外して掃除が必要。でもこれは普通の掃除機でも同じかな。

一番失敗したのはルンバの失敗ではなくて私の失敗。ルンバがいても掃除機はいります。ルンバを買うときに10年ものの掃除機を捨ててしまったのだけど、お皿を割ったり土をこぼしたりうっかり部屋の中が大変なことになったとき、ちょっと掃除したいときにルンバを動かすのは面倒。そういうわけでスティック掃除機を買い直すことになってしまいました。どうせなのであとから格好いいやつを買いました。

ルンバが入れない隙間にも入れるので、ルンバとの組み合わせは小回りのきく吸引力強めのスティック掃除機がおすすめです。

最後に

ルンバは合う合わないがあると思うけれど、ルンバに優しい部屋は人にも優しいと思っています。ひとつ楽になるとどんどん楽になりたくなって、私が家のスマートホーム化に入り込んでいったのもルンバからと言ってもいいです。今ではお掃除ロボットの選択肢が増えているんじゃないでしょうか。お掃除ロボットをまだ使ったことがない方はぜひ検討してみてください。

f:id:Obitama:20170126224758j:plain

出迎えてくれるルンバ

インド写真集2/2(ヴァーラーナシー~ムンバイ)

インド旅行記2つ目。ガンジス川で日の出を見ました。乾季だったのもありインドの空気はとても粉っぽい。そこまで寒くはないけれど日本人だとすぐ風邪をひいてしまうと思うので喉薬とマスクが必須。

ヴァーラーナシー

f:id:Obitama:20200214141657j:plain

ガンジス川。霞んでいるけれどそれも含めて朝の雰囲気は幻想的。ガンジス川下流は火葬場でもある。

f:id:Obitama:20200214141943j:plain

サールナートブッダが鹿に説法した場所)のリス

f:id:Obitama:20111226063452j:plain

日の出前のガンジス川。対岸には平野が広がっている。

f:id:Obitama:20111226063932j:plain

お花を川に流すことができる。

f:id:Obitama:20111226070259j:plain

日の出を撮っていたら「バザールでゴザール」と日本語でカットインしてきた。ガンジス川付近は日本人観光客も多いようなので謎の日本語を覚えているインド人が多い。

f:id:Obitama:20111226071212j:plain

ガンジス川の朝日

アジャンター石窟群

断崖をくり抜いて作られた寺院。大きさも彫刻の精巧さも恐ろしい。

f:id:Obitama:20111229110508j:plain

f:id:Obitama:20111229112425j:plainビービー・カマクバラーf:id:Obitama:20111229163450j:plain

偽タージ・マハルとも言われているらいいけれど美しいですよ。片側の塔工事中。

ムンバイ

f:id:Obitama:20111230124451j:plain
夜行列車に乗ってムンバイに到着。一気に暑くなって都会になった。これは駅。リニューアルした東京駅よりすごい…。そして物価も急に高くなる。

f:id:Obitama:20111230144028j:plain

タージ・マハルホテル

f:id:Obitama:20111230143932j:plain

イギリスの植民地時代に建築された凱旋門

インド旅行写真集1/2(コルカタ~スジャータ村)

学生時代にインドに行った。

人生観を変えにとか自分探しとかなんでもなく親戚が毎年10人ほど希望者を連れて行ってくれていたからだ。宿も移動もツアーではなく個別に予約していてなかなか濃い経験になった。

夜行列車に半日以上乗っていたり、宿で猿と戦ったり、インド映画を見に行ったり、当然のようにおなかを壊して39度超えの熱を出したり、色々とネタは尽きないのだけれど写真を見返す機会がなかったので備忘録代わりに写真を載せる。

旅程が思い出せないのでどこかわからない写真も結構ある。

撮影カメラはCanon IXY DIGITAL 510 IS

コルカタ市内

f:id:Obitama:20200214140325j:plain

朝食はトーストとラッシーが多かった。お腹壊す心配なくて安心。

f:id:Obitama:20200214140333j:plain

チャイの屋台があちこちに。素焼きの器は持ち帰れます。今のプラスチック排除を考えたら意外とエコなのかな?地元の人はそこらへんに捨ててる。

f:id:Obitama:20200214140414j:plain

布屋

f:id:Obitama:20200214140622j:plain

12月なのでインドでもクリスマス。独特なサンタさん。

f:id:Obitama:20200214140650j:plain

果物市場。写真を向けるとみんなポーズを撮ってくれる。

ブッダガヤ

f:id:Obitama:20200214140744j:plain

ブッダガヤ。確か次の日にダライ・ラマがきたはず。各国のお坊さんが集まっていて、それぞれ服の色が違う。

f:id:Obitama:20200214140857j:plain

空に伸びる大菩提寺

f:id:Obitama:20200214140902j:plain

菩提樹の樹

スジャータ

スジャータの育った村。

f:id:Obitama:20200214141239j:plain

村の少年

f:id:Obitama:20200214141253j:plain

村の風景。のどかな雰囲気。

雪の日

雪がみるみるうちに積もっていったので楽しくて写真を何枚か撮った。多分カメラは防水のはずのなので少々は大丈夫でしょう。

OM-D E-M5 MarkⅡ / M.ZUIKO DIGITAL17mm f1.8

f:id:Obitama:20200211135240j:image色とりどりの葉っぱに積もるふんわりとした雪。おいしそう。f:id:Obitama:20200211135246j:image周りの光を受けて満開の桜みたい。f:id:Obitama:20200211135249j:image白いカーペット。f:id:Obitama:20200211135237j:image寒そうな飛び出す人。

最後の写真が構図は一番好きだったけど家に帰って確認したらすべてにゴーストが入り込んでいた。なんでー。f:id:Obitama:20200211135233j:image夜に強い街頭の光を中心に持ってきてしまっているので、ゴーストは避けられないみたい。フィルターを外すと反射が抑えられるようなので、今度同じ状況でどうやったらゴーストを抑えられるのか実験してみよう。

雪が降るとみている景色が一変して楽しい。

日曜日のおでかけ

久しぶりに上野の国立科学博物館に行ってきました。企画展でミイラをやっているようですが、そっちはスルーしてお目当ては期間展示の相転移の世界です。乱流屏風という展示がありましてどうしてもそれを見たくて最終日に乗り込みました。写真は全くうまく撮れませんでしたのでありません…。

科博の常設展はいつ行ってもワクワクします。リニューアル前の方が鉱物展示が多くて好きだったのだけど、幅広い人にわかりやすくなっているのかな。

撮影はすべてOM-D E-M5 MarkⅡ / M.ZUIKO DIGITAL17mm f1.8

f:id:Obitama:20200210144049j:plain

大迫力の恐竜の骨格標本ティラノサウルス。光の当たり具合とか影の落ち方とか結構好き。

f:id:Obitama:20200210144052j:plain

テレビの実験装置の再現。日本で初めてテレビ実験で表示された文字。当時は周りを人が取り囲んでいたりしたんだろうか。

f:id:Obitama:20200210144057j:plain

出口に巨大なクジラ。青空とのコントラストが綺麗で脳内で夢のクジラと名付けてふんわりと見えるように加工した。よく見ていると吸い込まれそうな恐ろしい眼をしていたので、そこだけシャープにした。ぜひ目を合わせてみてください。

写真撮るのしっくりきてなかったけど、好きなものを撮っているとお気に入りの写真ができる。もっとお気に入りのものを探しにいこう。